テーマ:ヒカルの碁

塔矢アキラ誕生祭14

1月17日 (追記) 開催日より一か月を過ぎましたので、バナーは外させて頂きました。 ------------------------------------------------------- 世界唯一の囲碁マンガである「ヒカルの碁」の登場人物、塔矢アキラの誕生祭が本日から開催されています。 私はこの作品が大好きなのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放置しすぎですよね(汗)

数年ぶりに自分の図画サイトのお手入れ。トップページでリンク切れなどになっている部分を削っただけですが。 その間にОSの変わる事2回。 今のPCだとウェブからの転送サービスが利用できないため、FFFTPソフトをダウンロードして修正したファイルアップロードする事にしました。変更はトップページだけなのでワードで修正。なんか、色々と忘れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒカ碁 『黎明~覚醒~』

進藤ヒカル(佐為)との出逢いは塔矢アキラにとって今までの価値観が全て覆されるほど震撼する出来事ではありましたが、彼の中で眠っていたものを、呼び覚ます事にもなりました。 ヒカルも目覚め、アキラも目覚める。お互いの出逢いが「覚醒」をもたらしたのですからこれはもう「運命」としか言いようがないですよね。 「月光」の中には、こういったイメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒカ碁 三部作 その3『暁 光~あるいは…星霜~』

彼等の関係は「歴史」といっても良いほどドラマチックです。お互いを真っ直ぐに見据える事が出来た日。 進藤にとっても塔矢にとっても、暁の光がさした瞬間。それは互いにとっての「僥倖」でもありました。 星は一年かけて天を廻り、霜は必ず地に降りる事から年月の事を「星霜」と呼びます。 彼等に必要だった2年4ヶ月…。 星はふた廻り以上も天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒカ碁 三部作 その2『陽光~軌跡~』

アキラを追い、前だけを見て進藤は走る。 塔矢もまた、ヒカルの存在を確かに感じつつけっして振り返らない。 佐為が引き合わせた二人は磁石の反発のように大きく離れしかし、ゆっくりと確実に近づいていきます。 軌跡はゆるやかなカーブをえがき彼らの道は繋がっている。その時 佐為はもういない。 松明のように燃える赤い花。彼岸花は人…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヒカ碁 三部作 その1『月光~出逢い~』

彼らの出逢いは奇跡のようで、それでいて運命そのものです。 佐為をきちんと描いておきたいと思い、シリーズでこのようなものを描きはじめました。 ある種彼等の関係は 『Eternal triangle』。先の見えない道をひたすらに進む。 2002.09.27.up 主線/丸ペン 着色・加工/PSP ==========…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北斗杯(お絵描き掲示板)

しぃ掲示板で描いたものです。 このころから(2002年前後くらい?)一時保存が可能になって随分とお絵かきがラクになったなあと思ったものです。 ヒカ碁の主人公は進藤ヒカルクンですが、ワタクシはあくまで塔矢アキラloveであります。 よって作品はすべてアキラが中心なのです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨年からの懸案が…

昨日で一応終了しました。お役所関係への書類提出は緊張するし疲れもします。結果は最短で1か月、最長で3か月だそうな。 友だちのところに「終わった~」とメールで報告してしまったよ。 それとヒカ碁関連の作品を4点ほどブログへ移動。すでに元画像は失われているので地道にサイトにアップしてあるものから移していきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まずはヒカルの碁から…

さていざデーターを移動させようとすると、膨大な量に気が遠くなりそうです。見落としが無いように丁寧に作業していきます。 贈っていただいたものなどはブログへの掲載は控える事にいたします。旧サイトとこちらでは主旨が違いますのでそのようにしたいと考えています。 これらは遊びで作ったアニメーション群 。 本筋だったりパラレルだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more